コンテンツ

ゴルフについて

最近、信じられないくらいの接待ゴルフを受けた元高級官僚がいましたが、ゴルフはもともともっときちんとしたイメージのスポーツです。

英国のスコットランドで、羊飼い達が石を打ってその距離を競いあっていた事から始まったと言われています。私も一度スコットランドに行ったことがありますが、風が強く高い木はありません。あっても背の低いブッシュがあるくらいで、荒涼とした原野が広がっています。

ですから、コースの所どころにあるバンカーは、羊を風から守る避難場所からイメージされたものです。

ところで、ゴルフの語源について今回はお話しして見ましょう。
大きく分けると3つの説があります。

1. オランダで当時はやっていた コルフと呼ばれる球技からきた。
2. G (green)      O (oxygen  酸素)   L (leaf 葉)   F ( friends)  の頭文字からとった。
3. G  (gentlemen )           O (only)          L ( ladies)    are    F (forbidden)
意味は、紳士のみで婦人の入場は禁止されている、です。
forbid   は禁止するの意味で    forbidden  はその過去分詞です。

私は、この 3 の説が有力であると思っています。 今でこそ、女性のゴルフ人口はすごいものがありますが、当時はカントリークラブに出入りできるのは、男性のみとされていたのです。ある種の社交場でした。興味があればご家族で話してみてはいかがですか?

ゴルフは自然のなかでのスポーツですので、用語も birdie(小鳥)eagle (ワシ)albatross(あほうどり)bogey(泥沼)など面白いです。

ちなみにカントリークラブやゴルフクラブで使われる club  (カニはcrab)は、こぶのついたこん棒の意味です。そこから、こぶ→ある目的を持った人の集まり や こん棒→ゴルフクラブの意味ができました。トランプのクラブもその形をとったものです。♣

< 中国語の先生大活躍 >
当スクールの上海出身の王先生が、先日、石原都知事の通訳をしました。オリンピック開催についての内容で、大変高い通訳の評価を頂いたそうです。もう一人の先生である白数先生も上田埼玉県知事の通訳をした実力者です。中国語のみならず英語、フランス語、韓国語もみな良い先生ですのでさらに自信を持って学習に取り組んでください。

Harry