Let’s go !

 早いもので、あっという間に9月となってしまいました。

 

 秋は読書の季節と言われていますが、皆、人生とは何か、人間とは何か

 

など考え、求め続けています。

 

 アインシュタインの残した有名な言葉として、「この宇宙の中で最高の

 

奇跡は、その存在を認識できる実態があることだ」と人間の頭脳の素晴ら

 

しさを言っています。

 

 ですから、人間の学名として Homo-Sapience (ホモ・サピエンス、

 

科学する人)」というわけです。

 

 フランスの哲学者パスカルは、「人間は考える葦(あし)である」と

 

述べ、近代合理主義の基を開いたといわれている哲学者のデカルトも

 

I think, therefore I am.(我思うゆえに我あり)」と言っています。

 

  「Time and tide wait for no man.」です。

     (歳月人を待たず)

 

 この秋、さらにお互いに自分自身を深める学習をしてゆきましょう。

                                                                                                                               

Harry