語学豆知識

お酒の話

先日、ボージョレー・ヌボーが売り出され、ワイン好きの方は、落ち着かない時間を過ごされたことと思います。 私は幸か不幸か酒が飲めないたちなので、お酒についてはあまり知識がありません。

仕事でヨーロッパに行く機会が結構あったのですが、スコッチやブランデー、モーゼルワインなどを目の前にして、ジュースでさびしい青春を送っていました。

人生はつらいことのほうが多いので、もし次の世 (?)があるとすれば、少しは飲めるように生まれてきたいと願っています。そんな愚痴は吹き飛ばして、お酒の表現に行って見ましょう。

○ 酒そのものは、 liquor  や drink   です。 酒屋は  liquor shop
日本酒は Japanese sake 焼酎は   Japanese distilled liquor made from ( sweet potatoes, rice, wheat) と作る素材を言いますと分かりやすいです。 distill は蒸留するの意味。

○ 飲むは 言うまでもなく drink   です
I drink.  だけで 酒を飲む、の意味があります。したがって、酒を飲まないひと⇒ 私は下戸です は
I don’t drink.        I am a non-drinker.     などと言いましょう。
飲みに行かない? は How about going drinking?    Let’s go drinking.
酒が強い
He drinks like a fish. (魚がいくら水を飲んでも変わらないように)
He is a heavy drinker.

強い酒は   This whisky is very strong.
豪華な接待する
先日の国会でも問題になった、高級料亭等での接待は wine and dine  という決まり文句で表現されます
He was wined and dined at an expensive restaurant.   (dine  は dinner の動詞形)

酒を飲めば酔いますので、酔う表現も見てみましょう。
○ 彼等はワインで酔いました。 They got drunk on wine.
○ 私はすぐ酔います    I get drunk soon.
○ 酔っ払い  a drunken man           a drunkard

それでは、次のお酒に関する英語の言葉がありますので、意味を考えてみてください。
Drink often drives a man to misfortune, and misfortune often drives a man to drink.

また、英国のかっての名宰相ウィンストン・チャーチルの次のこんな言葉も面白いです。よほどストレスが強かったのでしょう。
When I was younger, I made it a rule never to take strong drink before lunch, and now it is my rule never
to do so before breakfast.   ―Winston  Churchill

Harry

ゴルフについて

最近、信じられないくらいの接待ゴルフを受けた元高級官僚がいましたが、ゴルフはもともともっときちんとしたイメージのスポーツです。

英国のスコットランドで、羊飼い達が石を打ってその距離を競いあっていた事から始まったと言われています。私も一度スコットランドに行ったことがありますが、風が強く高い木はありません。あっても背の低いブッシュがあるくらいで、荒涼とした原野が広がっています。

ですから、コースの所どころにあるバンカーは、羊を風から守る避難場所からイメージされたものです。

ところで、ゴルフの語源について今回はお話しして見ましょう。
大きく分けると3つの説があります。

1. オランダで当時はやっていた コルフと呼ばれる球技からきた。
2. G (green)      O (oxygen  酸素)   L (leaf 葉)   F ( friends)  の頭文字からとった。
3. G  (gentlemen )           O (only)          L ( ladies)    are    F (forbidden)
意味は、紳士のみで婦人の入場は禁止されている、です。
forbid   は禁止するの意味で    forbidden  はその過去分詞です。

私は、この 3 の説が有力であると思っています。 今でこそ、女性のゴルフ人口はすごいものがありますが、当時はカントリークラブに出入りできるのは、男性のみとされていたのです。ある種の社交場でした。興味があればご家族で話してみてはいかがですか?

ゴルフは自然のなかでのスポーツですので、用語も birdie(小鳥)eagle (ワシ)albatross(あほうどり)bogey(泥沼)など面白いです。

ちなみにカントリークラブやゴルフクラブで使われる club  (カニはcrab)は、こぶのついたこん棒の意味です。そこから、こぶ→ある目的を持った人の集まり や こん棒→ゴルフクラブの意味ができました。トランプのクラブもその形をとったものです。♣

< 中国語の先生大活躍 >
当スクールの上海出身の王先生が、先日、石原都知事の通訳をしました。オリンピック開催についての内容で、大変高い通訳の評価を頂いたそうです。もう一人の先生である白数先生も上田埼玉県知事の通訳をした実力者です。中国語のみならず英語、フランス語、韓国語もみな良い先生ですのでさらに自信を持って学習に取り組んでください。

Harry

空港は英語学習の宝庫

秋きぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬるとの和歌が思いおこされる季節となりました。 日本人の季節感は大変に敏感でやはり農耕民族(Agricultural people)  だなあと考えさせられます。
秋はまた旅行の季節でもあります。 そこで、海外や国内旅行で空港を利用される方も多いと思いますので、ここで空港における、旅行関係の単語を見直してみましょう。

日本語と英語を線で結んでみてください。

税関・Airlines
旅券・Delayed
査証・Paging
出発・To declare
到着・Duty-free Shop
搭乗券・Baggage Claim
便名・Visas
航空会社・Quarantine
乗客・Departure
目的地・Transit
遅延・Immigration
お呼び出し・Customs
乗り換え・Flight No.
免税店・Passenger
課税品申告・Arrival
国内線・Destination
手荷物受取所・Passport
動植物検疫・Boarding Pass
出入国管理事務所・Domestic Flights

いくつできましたか? 今度、空港に行かれた時はしっかり確認しておいてください。

気温や季節が変わり、体調を崩しやすい時期に来ていますので、お互いに気をつけて、元気にこの秋を学習してまいりましょう。

Harry

フランスについて

北京オリンピックに対して、チベット問題から世界が揺れています。フランスのサルコジ大統領が開会式に参加するかどうかで、ニュースになっています。実はオリンピックはもともとギリシャが発祥の地ですが、近代オリンピックは1894年(明治27年)にフランスのクーベルタン男爵によって始められたものであり、フランスの存在はオリンピックにとって大変重要なのです。したがって競技をはじめ、表記やアナウンスは必ずフランス語、英語そして開催国の言語で語られます。テレビを見ながらよく注意して聞いていてください。

そこで、今回はそのフランスについて基本的なことを見ておきましょう。

国土:
54.4万平方キロ ( 日本の約1.5倍 )

首都:
パリ  主な都市は リヨン、マルセーユ、リール、ニース、ナント等

人口:
5860万人 (日本の48% 約半分)

言語:
フランス語  ちなみに、公用語でフランス語を話している国はベルギー、スイス西部、モナコ、カナダのケベック州、アフリカのアルジェリア、カメルーン、コンゴなど多数

産業:
農業が主体です。もちろん工業も盛んで、フランスの新幹線は時速500キロを越える技術を持ち中国の新幹線計画にも参画しようとしています。 観光収入も莫大です。私達がなんと言ってもイメージするのはルイビトン、エルメス、サンローラン、カルダンなどのブランド商品です。

文化:
絵画 彫刻 ファッション など美的感覚にきわめて敏感です。なぜなら、人生を生きていく価値を徹底的に追求する国民性があります。有名な画家などもルノアール、セザンヌ、モネ、ゴーギャン等限りなくいます。それではドイツ人やイギリス人で有名な画家を知っていますか?科学者や経済学者は沢山いますが美術は両国ともすぐ思い浮かびませんね。料理などもフランス料理は一つの文化となっています。 多くの部分で私たち日本人とかなり異なった感覚があります。逆の言い方をすると、学ぶべき点も多々あります。

国民性:
三色旗に象徴される、自由 平等 博愛の精神で、みなそれぞれに自分の意見をはっきり持っています。小さい頃から物事を自分で考えさせ、自分で結論を出させ、自分で責任をとらせる教育方法がとられています。ですから、フランスに政党はいくつあるか ⇒ フランス人の数だけだけある、と言う言葉があるくらい各自個性的ですし自立しています。ですから思想家といわれるデカルト、ルソー、モンテスキュー、サルトルなど多く輩出しています。

したがってナポレオンやシャルル・ドゴールのような強力なリーダーシップの下でないとまとまらず発展しないとも言わる理由が分かります。 そのドゴールでさえ次のような事を言っています。

How can anyone  govern a nation that has 246 different kinds of  cheese?
(誰が246種類ものチーズを持つ国や国民をどうやって統治できるというの?⇒ほんとに難しい)

オリンピックが近づくいま、お互いグローバルな視点でいろいろと思索してみましょう。

Harry

単語の覚え方

あっという間に今年も1ヶ月が過ぎ、オバマ大統領の就任や、世界的な不況のニュースが飛び交っています。

多くの方が、アメリカ大統領の就任式やその様子をテレビ等でご覧になったと思います。その中でオバマ氏やクリントンさんの言葉が分かったりすると、うれしく思いませんか?

ただ、単語の意味が良く分からないので、意味を聞き逃してしまう、という話も聞きます。確かに政治や経済で使う言葉は少し難しいものがあることも事実です。沢山の方々から、私も、よく単語が覚えられないけれど、という質問を受けますので、ここで覚え方のアドバイスをしてみたいと思います。

1. 無理やり覚えるのではなく、日ごろの生活の中で使う 動詞(起きる、電話する、帰宅する、怒る 等)形容詞(寒い、暖かい、つまらない、鋭い 等)、名詞(携帯電話、国会、予算、事故、事件 等)ものが言えるかどうか、何日かかけてチェックしてみると良いです。そんなに沢山ありませんので、会話で使ってみることです。

2.2番目は、お正月ならば、それにちなんだ言い方(おめでとう、年賀状、お餅、初詣 等)をゲットしておくと印象深く覚えられます。年間を通せば、さくらの開花、春の装い、卒業、新学期、梅雨、夏の風物詩等いくらでもあります。その時期に使う単語をあわせて学習すると、記憶が固まってくるように思えます。

3. 最後に先ほどの動詞、形容詞、名詞 等を 一挙に囲い込む作戦です。たとえば、動詞 live の名詞形は  life で 形容詞は  living このほかに lively(元気な)live (ライブと読んで 生中継の という意味)という具合に関連しているのです。
さらに、act (行動する)    action(行動)   active(行動的な)inactive(行動的でない)actor(俳優)  actoress
(女優)などあっという間に5~10個くらい関連後が整理できます。
もう一つ light (明るい、軽い、ライト)    lighter(ライター)  lightning(稲光)   lighthouse(灯台、笑いの絶えない明るい家庭の意味ではありません)   lighten(明るくする)   light-year(光年・光が1年間で到達する距離)

このようにみていきますと、それほど無理せずに単語をしっかり自分のものにすることが出来ると思いますがいかがですか?

私の経験から言って、単語は5回くらい読んだり言ったりすれば、忘れないようになるような気がします。2~3回であきらめないで、何度もやってみましょう。

ちなみに日常会話で必要な単語数は、ナント約600語でOKといわれています。  Let’s  try !

Harry

アメリカ合衆国について

アメリカ大統領選挙について、毎日報道がなされています。 初めての黒人(African American)大統領か女性大統領かで世界の注目を集めています。ここで私たちも日本と縁の深いアメリカ合衆国について簡単におさらいしてみたいと思います。

○ 歴史  コロンブスが1492年(日本の戦国時代)にアメリカ大陸を発見(実際コロンブスはインドの一部と生涯信じていたようで、西インド諸島やインディアンの名前が残っています)その後、同じイタリア人のアメリゴ・ヴェスプッチが南米をも探査し全体の地図の作成をするなど、新大陸アメリカの把握に貢献しました。ちなみにインディアンはインド人の意味です。このアメリゴの名前を取ってアメリカとよばれるようになりました。1776年7月4日にイギリスから独立しました。建国以来約230年の若い国です。
○    人口   2億7000万人    (世界3位    日本の約2.2倍)
○    面積   937万平方キロ    (世界4位  日本の約 25倍)
○ 国旗  13の赤白の縞模様(stripes)と50の星(stars)からなっています。 50は国を構成する州の数で13は独立した時の州の数です。フィラデルフィア、コネチカット、ジョージア、マサチューセッツ州等がこれにあたりThe Colonies  と呼ばれています。これにより、米国旗のことを Stars and Stripes  星条旗といいます。
○ 首都  ワシントン D.C.(District of Columbia の略 で コロンビア地区の意味)ワシントンは3番目の首都で、初めはフィラデルフィアで次はニューヨークでした。
○ WASPについて(偏見・差別のある用語ですので会話では使わず、知識として知っておいてください)
初代の大統領であったジョージ・ワシントン以来、あの有名なケネディー大統領以前まではWASPでなければ、アメリカ大統領になれませんでした。Wは, white  で白人。ASは、Anglo- Saxson  アングロサクソン で先祖がイギリス人やドイツ人の系統の出身者。Pは、Protestant  プロテスタントでカトリックでない人。その前例を破ったのが、ジョン・F・ケネディー大統領でカトリック教徒(先祖がアイルランド出身)でした。今でもアイルランドでは、多くの家庭にローマ法王とケネディー氏の写真が並べて飾られているそうです。この話は、以前当スクールで英語を教えていたディー・ヒーリーというアイルランド人の女性の先生から教えてもらいました。彼女は今、首都ダブリンで教師をしています。

時代は大きく変わりつつあります。共々大いに学習しましょう。

Harry

「どう言い出せばいいの?

多くの方々から、“英語で言われても、相手の言っていることはわかるのですが、どのように言い出せばよいか迷っています”との声を聞きます。

今回はそのアドバイスです。

先ず、簡単なご自分の言い出し方のパターンを持つことです。
例えば、
○ I  think  that ~ : ~ と私は思うのですが。
○ As  you  know, ~ : ご存知のことと思いますが~
○ It’s  … that ~ : ~ は … です。
( It’s  nice  that  you  travel  around  Hokkaido  in  summer.)
 It’s  … to ~ : ~ は … です。
( It’s  difficult  for  me  to  explain  it  in  English. )
○ If  … ,  I  will  ~ : もし … なら、私は ~ します。
○ According  to  today’s  TV news,  ~ : 今日のニュースに
よると~
○ I  understand  what  you  said,  but ~ : あなたの言うことは
変わりますが、でも ~
○ Many  people  say  that ~ : 多くの人が ~と言っています。
○ By  the  way,  ~ : ところで、~(話題を変える時)
○ I  don’t  know  why  ~ :私はなぜ~なのかわからない
( I  don’t  know  why  the  weather  is  unusual  this  
summer. )

等々ありますので、皆様も5~6コはいつも用意していてください。
どういえばいいか迷ったら、いつでもお聞きください。

Harry

接続詞、前置詞に強くなろう

次の文章に合う1語を入れてください。

 1.       I  was  young,  I  lived  in  Tokyo.
    若かった頃、東京に住んでいました。

 2.I  would  be  happy,         he  were  here.
     もし彼がここにいたらうれしいのだが。

 3.すべて「~で」の意味です。
   He  died          87.
     He  was  injured         the  accident.
                            (その事故で)
     Please  write  it         Japanese.
              (日本語で)
     Please  write  it         the  pen.
              (そのペンで)

4.       your  help,  I  can’t  go  to  Osaka.
   あなたの助けがなかったら、大阪に行けません。

5.That  is        my  reach.
   それは私の力の及ぶところではありません。

6.     to  my  memory,  he  is  still  in  his  mid-fifties.
   私の記憶によれば、私はまだ50代半ばです。

7.       my  way  home,  I  met  my  old  friend.
   家に帰る途中…

8.        the  way,  what  is  your  purpose  to  go  to  America.
(ところで…)

Harry

Let’s study !

早いもので、あっという間に9月となってしまいました。

秋は読書の季節と言われていますが、皆、人生とは何か、人間とは何かなど考え、求め続けています。

アインシュタインの残した有名な言葉として、「この宇宙の中で最高の奇跡は、その存在を認識できる実態があることだ」と人間の頭脳の素晴らしさを言っています。

ですから、人間の学名として 「Homo-Sapience (ホモ・サピエンス、科学する人)というわけです。

フランスの哲学者パスカルは、「人間は考える葦(あし)である」と述べ、近代合理主義の基を開いたといわれている哲学者のデカルトも「I think, therefore I am.(我思うゆえに我あり)」と言っています。

「Time and tide wait for no man.」です。
     (歳月人を待たず)

この秋、さらにお互いに自分自身を深める学習をしてゆきましょう。
Harry

春の訪れ

長かった冬も間もなく終わり、私の大好きな春がやって参ります。
春が来ると、ますます頑張ろうという気持ちが高まってきます。

この時期になると思い出すのは、「人生の本舞台は常に将来にあり」という憲政の神様といわれた明治の政治家・尾崎行雄の言葉です。彼の若い頃の言葉ではなく、なんと90歳を過ぎて言ったところにそのすごさがあります。

すなわち私達の人生は一生を通して positive であれ active であれ

ということです。

英語でも次のような言葉があります。
意味を考えてみてください。

1  Spring  is  the  season  of  the  year  that  makes  you
wish  you were  alive.

2  The  best  use  of  life  is  to  spend  it  on  something
that  will  outlast  it.

また皆で楽しく頑張りましょう!
Harry

地球環境について

2010年の新春、明けましておめでとうございます。
今年も元気で楽しく学習してまいりたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

年末年始のテレビ番組や、新聞、雑誌などの特集を見ましても、地球の温暖化問題が深刻に論議されております。
特に今日、来月どうなるかという問題ではないので、痛みを感じませんが、確実に温暖化が進み洪水や旱魃、などあまり経験のない状況が昨今続いております。

たとえば、南太平洋にあるツバルという国が海面上昇のために国が維持できないとか、インドネシアのジャカルタで満潮になると町の一部が約40センチ水浸しになる等、多くの報道でご存知のとおりです。

この状況を私たちは、個々人で省エネに励むしか道はありませんが、大いに意識を持って生活すべきと考えます。
このテーマは大きいので、ここで表現をチェックしてみたいと思います。

○ 地球温暖化  the  global  warming     
                           We  should  think  about  the global warming issue  for our  survival.
       私たちは地球温暖化問題を生き残りのために考えなければならない 
                            温度     temperature                  二酸化炭素   CO2
○ 北極     the  Arctic    ○ 白クマ       polar (white) bear
○ 南極大陸   the  Antarctica  ○ 氷山     iceberg       ○   氷河  glacier
       If  all  the  ice  on the earth melts away,  the sea level will  rise  by 65  meters higher
                            than  the  present one.
       もし地球上の氷が全て溶けたら、海面は今より65m高くなります
       (22階建てのビルとほぼ同じ高さ)  
○ 温室効果   the green-house  effect    ○   削減   cut
○ 大気     atmosphere              ○   海水               seawater
○ 海面     sea level       ○ 上昇                rise
○ 湿度     humidity     ○ 京都議定書 the  Kyoto  Pact
       It’s  a  big  question  about  how  do  we  live  with  the  present  prosperity.                 
                            私たちが、現在の繁栄を保ちながら、どう生きてゆくかが問題だ

テーマが少し難いと思われますが、年の初めあたりトライしてみてください。
今年も、健康第一に日々、元気で頑張りましょう。

Harry