コンテンツ

アメリカ合衆国について

アメリカ大統領選挙について、毎日報道がなされています。 初めての黒人(African American)大統領か女性大統領かで世界の注目を集めています。ここで私たちも日本と縁の深いアメリカ合衆国について簡単におさらいしてみたいと思います。

○ 歴史  コロンブスが1492年(日本の戦国時代)にアメリカ大陸を発見(実際コロンブスはインドの一部と生涯信じていたようで、西インド諸島やインディアンの名前が残っています)その後、同じイタリア人のアメリゴ・ヴェスプッチが南米をも探査し全体の地図の作成をするなど、新大陸アメリカの把握に貢献しました。ちなみにインディアンはインド人の意味です。このアメリゴの名前を取ってアメリカとよばれるようになりました。1776年7月4日にイギリスから独立しました。建国以来約230年の若い国です。
○    人口   2億7000万人    (世界3位    日本の約2.2倍)
○    面積   937万平方キロ    (世界4位  日本の約 25倍)
○ 国旗  13の赤白の縞模様(stripes)と50の星(stars)からなっています。 50は国を構成する州の数で13は独立した時の州の数です。フィラデルフィア、コネチカット、ジョージア、マサチューセッツ州等がこれにあたりThe Colonies  と呼ばれています。これにより、米国旗のことを Stars and Stripes  星条旗といいます。
○ 首都  ワシントン D.C.(District of Columbia の略 で コロンビア地区の意味)ワシントンは3番目の首都で、初めはフィラデルフィアで次はニューヨークでした。
○ WASPについて(偏見・差別のある用語ですので会話では使わず、知識として知っておいてください)
初代の大統領であったジョージ・ワシントン以来、あの有名なケネディー大統領以前まではWASPでなければ、アメリカ大統領になれませんでした。Wは, white  で白人。ASは、Anglo- Saxson  アングロサクソン で先祖がイギリス人やドイツ人の系統の出身者。Pは、Protestant  プロテスタントでカトリックでない人。その前例を破ったのが、ジョン・F・ケネディー大統領でカトリック教徒(先祖がアイルランド出身)でした。今でもアイルランドでは、多くの家庭にローマ法王とケネディー氏の写真が並べて飾られているそうです。この話は、以前当スクールで英語を教えていたディー・ヒーリーというアイルランド人の女性の先生から教えてもらいました。彼女は今、首都ダブリンで教師をしています。

時代は大きく変わりつつあります。共々大いに学習しましょう。

Harry