ホーム>スタッフブログ>イングリッシュ・サポートレター

イングリッシュ・サポートレター

「Take」 について

今週は本当によく使われる(たぶん動詞の中で一番意味が多いと思います)“ take ”について練習してみましょう。

                 A: Did  you  catch  a  cold  last  week?

                 B:  Yes,  I  did  after  taking  a  bath. ①

                 A:  But  I  took  some  medicine  for  my  cold. ②

B:  Did  you  get  better?

A:  Yes,  I  did.

B:  By  the  way,  how  long  will  it  take  to  read         the book? ③

                  A:  I  think  it  will  take  about  a  week. ③

                  B:  OK,  take  care  of  your  health.  See  you ! ④

 

 ① 風呂に入る

 ② 薬をのむ

 ③ (時間が)かかる

 ④ 気をつける

 

 その他に、

 〇 Let’s  take  a  look !(さあ見てみましょう)

 〇 I  took  a  taxi  to  school.(学校へタクシーで行った)

 〇 He  showed  me  a  picture  he  took  in  Spain.(スペインで撮った)

 〇 She  takes  it  for  granted.(当たり前と思っている)

    などあります。

        Harry

「Get」 について

動詞シリーズ第3弾として get をみてみたいと思います。

 get は“強い力で自分の世界に入れてくる”の感覚です。

 以下は get を使った会話の例です。

 

   A:  I  got  a  phone  call  from  her.

   B:  What  did  she  say  about  her  grandfather?

   A:  She  said  he  is  getting  better.

   B:  That’s  good.

   A:  We  know  a  very  effective  medicine  from  her.

   B:  Can  we  get  it  at  the  pharmacy?

  

  get  better  (比較級) は「だんだん~する」という表現でよく使わ

れます。

 It’s  getting  hotter.  だんだん暑くなってきています。

 

 その他に、

 get  married  to ~  :  ~と結婚する

 get  used  to  American  accent

 アメリカのアクセントに慣れる

 I  got  it.   :  わかりました。

                      など沢山あります。

 

  色々言ってみてください。

     Harry

接続詞、前置詞に強くなろう

次の文章に合う1語を入れてください。

 1.(  )  I  was  young,  I  lived  in  Tokyo.

    若かった頃、東京に住んでいました。

 2I  would  be  happy,  (  )    he  were  here.

     もし彼がここにいたらうれしいのだが。

 3.すべて「~で」の意味です。

   He  died  (  )   87.

     He  was  injured (  )   the  accident.

                                   (その事故で)

     Please  write  it  (   )  Japanese.

                 (日本語で)

     Please  write  it  (   )  the  pen.

                (そのペンで)

4.(   )  your  help,  I  can’t  go  to  Osaka.

   あなたの助けがなかったら、大阪に行けません。

5That  is  (   )  my  reach.

   それは私の力の及ぶところではありません。

6.(   ) to  my  memory,  he  is  still  in  his  mid-fifties.

   私の記憶によれば、私はまだ50代半ばです。

7.(   )   my  way  home,  I  met  my  old  friend.

   家に帰る途中…

8. (   )   the  way,  what  is  your  purpose  to  go  to  America.

  (ところで…)                 

                            Harry

英会話の基礎とは

よく「英会話の基礎とは何ですか?」との質問を受けます。

私は迷わず、「5W1Hクェッションができることです!!」と答えています。

なぜそうなのかと言いますと、その中にBe動詞(Are you)、一般動詞(Do you)、完了形(Have you)、助動詞(Can you)の英語表現のすべてが入っているからです。

これらを使い何でも相手に質問ができるレベルを目指しましょう。

   それでは(  )に入る適語(1語)を考えてみてください。

 

 1.彼はなぜ昨日忙しかったのですか?

    Why  (    )  he  busy  yesterday ?

 

 2.ウナギを英語で何と言いますか?

     (    )  do  you  say  “Unagi”  (     )   English ?

 

 3.あなたはこのニュースをどう思いますか?

 

     What

             do  you  think  about  this  news ?

     How 

  •  what howをどちらか選んでください

 

 41ヶ月にどれくらい東京に行きますか?

     (     )  (     )  do  you  go  to  Tokyo  in  a  month ?

 

 5.誰と一緒にNYに行ったのですか?

    (     )  did  you  go  to  NY  (     ) ?                                                                                                                           

Harry

Let's go !

 早いもので、あっという間に9月となってしまいました。

 

 秋は読書の季節と言われていますが、皆、人生とは何か、人間とは何か

 

など考え、求め続けています。

 

 アインシュタインの残した有名な言葉として、「この宇宙の中で最高の

 

奇跡は、その存在を認識できる実態があることだ」と人間の頭脳の素晴ら

 

しさを言っています。

 

 ですから、人間の学名として Homo-Sapience (ホモ・サピエンス、

 

科学する人)」というわけです。

 

 フランスの哲学者パスカルは、「人間は考える葦(あし)である」と

 

述べ、近代合理主義の基を開いたといわれている哲学者のデカルトも

 

I think, therefore I am.(我思うゆえに我あり)」と言っています。

 

  「Time and tide wait for no man.」です。

     (歳月人を待たず)

 

 この秋、さらにお互いに自分自身を深める学習をしてゆきましょう。

                                                                                                                               

Harry

会話で使える表現

  • 会話の中で、よく使う単語や熟語をみてみましょう。
  • 次の10の文に下からあてはめてみて下さい。
  •  
  • ①念のため   ②それに反して ③言った通り ④正直いうと
  • ⑤しばらくの間 ⑥今のところ  ⑦知っている限り
  • ⑧実際      ⑨そうしないと ⑩久しぶりに
  • 6題以上合格です)
  1. Let’s  study  English  with  her  for  the  time  being.

                  (   )

  1. It’s  been  a  long  time  since  I  met  him  last.

   (   )

  1. I  don’t  like  sushi  so  much  to  be  honest.

                 (   )

  1. Actually  he  is  working  at  the  company.

(   )

  1. You  should  leave  now,  otherwise  you  will  miss  the  train.          (   )

              

  1. His  father  is  very  strict,  on  the  contrary,  his  mother  is  very  kind.        (   )

 

  1. I  haven’t  got  any  e-mail  so  far  from  her.

              (   )

  1. Please  bring  an  umbrella  just  in  case.

               (   )

  1. As  far  as  I  know,  he  is  still  single.

  (   )

  10As  I  told  you,  it  didn’t  happen.

        (   )             

 

                                      Harry

春の訪れ

長かった冬も間もなく終わり、私の大好きな春がやって参ります。

春が来ると、ますます頑張ろうという気持ちが高まってきます。この時期になると思い出すのは、「人生の本舞台は常に将来にあり」という憲政の神様といわれた明治の政治家・尾崎行雄の言葉です。

彼の若い頃の言葉ではなく、なんと90歳を過ぎて言ったところにそのすごさがあります。

すなわち私達の人生は一生を通して positive であれ active であれということです。

英語でも次のような言葉があります。

意味を考えてみてください。

1. Spring  is  the  season  of  the  year  that  makes  you  wish  you were  alive.

2.  The  best  use  of  life  is  to  spend  it  on  something  that  will  outlast  it.

また皆で楽しく頑張りましょう!

 

                                                                    Harry

 

 

 

形容詞に強くなってください!

 早いものでもう来年の足音が聞こえてくるようです。

 英語の表現の中で、…ing と …ed という2種類の形容詞の意味を持つ表現があります。

今回、進行形について説明します。

  •  ~している という意味で

 crying  baby といえば、「泣いている赤ちゃん」ですし、

flying  object といえば、「飛んでいる物体」を表します。

※進行形はこの意味です。

 

  •  ~するための という意味で

cooking  school 料理をするための学校 料理学校

cutting  board  切るための板 まな板

などと沢山使われています。

※行為そのものが名詞になったもの

 swimming , meeting などは文法上「動名詞」と呼ばれています。

 

それでは、次の意味を言ってください。


1.  leading  company            

 

2.  boarding  pass

 

3.  walking  dictionary         

 

4.  printing  company

 

5.  fitting  room  

            

6.  shopping  mall

 

7.  answering  machine         

 

8.  sleeping  car

 

9.  playing  field            

 

10.  fighting  spirit

  次回は過去分詞について説明します。                                                                                                                                Harry

イングリッシュ・サポート レター No.1

            英字新聞(見出し)になじみましょう                          No.1

                                                                                                                                               2014/06/28

 英字新聞というと、私には無理ですと言う方が多いので、それほど難しくないことをお話し致しましょう。

 まず、なぜ新聞の見出しが分かったほうがいいというと、いま語られている話題を表す単語や表現が分かるので

 外国人と話す際、相手に“ああ、あのことね”とすぐ伝わるからです。

 見出し〔 Headline  ヘッドライン といいます 〕を見る上で、まず次の点を知っておきましょう。

 ① スペースの関係で a  the        などの冠詞が省かれています

   また be 動詞 や 完了形の have や  has   が省かれるときが多くあります

 ② スペースの関係で   略語 が使われます  Government  ⇒ Govt 政府 

                      United States  ⇒ U.S. アメリカ合衆国 等です

  • 印象を強くするために現在形で表現されます

 それでは以前のニュースの見出しから見てみましょう。

 ○ M6.5  quake  hits  Shizuoka        マグニチュード 6.5の地震が静岡を襲う

                   (現在形で書かれており動詞にsがついて

                    いますね。動詞が hit  にも注目しましょう)

  • U.S.  Military  brings  relief  aid  to  Taiwan       アメリカ軍が台湾に救援物資

                   (台風で被害にあった人々に救援物資)

 ○ 2nd  death from new flu confirmed in Kobe     神戸で新型インフルエンザの2番目の死者が確認された

                    (新型インフルエンザ が new  flu  と表現されています)

 ○ Ex-S. Korean leader Kim Dae Jung dies at 85    元韓国指導者 金 大中氏 が85歳で死去

                     (これも dies  と現在形です 年齢の  で の場合 at )

 ○ Leaders focus on economic issues       党首たちは経済問題に焦点をあてている

            ( issueには 発行部数 や 発給 のほかに 問題  という意味があります)

  • ここで問題です。 次の意味を考えてください

 Iran ready   for  N-talks  with  West

 < チャレンジ >

 当スクールに車椅子で通われている生徒さんがいます。事故で一人で歩けなくなり、優しいご主人のヘルプ

で何年も来ていただいています。先日突然“先生歩いて教室まで行きます”といってエレベータの前から、奥の

教室まで約7mを一人で歩いていきました。 自宅で平行棒を使って毎日、毎日歩行訓練してきたそうです。

もちろん、手を貸しましたが、確実に一人で歩けるようになった、と感じてとてもうれしく、同時に偉い人だな

と感激しました。 英検にも挑戦したいと明るく言ってくれました。 自分はいま何に挑戦しているのか?             

深く考えさせられた時でした。                                          Harry

BLOG はじめました。

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、ブログを更新していきますのでよろしくお願いいたします。

無料体験・資料請求・その他お問い合わせ お気軽にご連絡ください!